アルカリイオン水の採水地による特徴

アルカリイオン水の採水地による特徴

アルカリイオン水の採水地による特徴

アルカリイオン水の採水地は、限られています。

 

島根県浜田市金城町を採水地とする水、富士山を採水地とする水です。
ウォーターサーバーのアルカリイオン水は、島根県浜田市金城町を採水地とする水がほとんどです。
古くから「美人の湯」として有名な地域です。

 

特徴は、自然環境豊かな中国山脈の地下300mの花崗岩層がつくりだしたph8.2〜8.4の弱アルカリ天然水です。
高品質で、モンドセレクション最高金賞を受賞しています。
良質なおいしさで飲みやすく硬度50mg/L(ただし、業者によって異なります)の軟水です。

 

 

また、富士山を採水地とする水は、キリンのアルカリイオン水です。
2Lのペットボトルで売られています。
スーパーでケースの特売をしている時は、まとめ買いをされる方が多いです。

 

古富士火山と小御岳火山、新富士火山の3つの山が重なり、
同じ山の中に違う地層があります。

 

年間約22億トンにものぼる豊富な雨水や雪どけは、何層にも重なった地層にたっぷり貯えられ、
50年かけてゆっくりと磨かれて、キリン アルカリイオンの水の原水となります。

 

手軽に購入できるのは、キリンのアルカリイオン水ではないでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ